家事サポライフのサイトマップ

加湿空気清浄機の寿命って何年?これって故障なの?と思われる症状や買い替え時期の目安は?

こんにちは、ピコです。

 

「加湿空気清浄機の寿命って何年なんだろう?」

「最近変な音がしているけど、これって故障なの?」「臭いがなんだか取れていない気がする」と思われる症状が出ていませんか?

花粉の時期や乾燥したりインフルエンザが流行る冬場と季節を問わず活躍してくれる加湿機能付き空気清浄機ですが、その寿命って知っていますか?

値段も高いですし少しでも長持ちさせたいですが、買ったときには無い症状が出ていたり年数が立ってくると買い替えの時期も気になりますよね。

 

今回は加湿空気清浄機の寿命やこんな症状が出ていたら買い替えが近いかも、、、な目安まで紹介していきたいと思います。

加湿空気清浄機の寿命

空気清浄機の寿命約10年となっていますが、加湿機能付きのタイプも同じです。

この目安は空気清浄機のフィルターが使用できる期間が10年間なので、空気清浄機の寿命も同じく10年間とされている場合が多いです。

加湿機能付きは加湿フィルターがついているのですが、加湿フィルターの寿命は「1日8時間の使用で10年」と決められています。

ただメーカーも空気清浄機の寿命を10年と設定しているわけではないので、使用頻度や使い方、掃除の頻度などによって変わってきます。

国税庁が定めている空気清浄機の法定耐久年数は6年とされているので、6〜10年が寿命の一つの目安と考えてもいいかもしれませんね。

MEMO
空気清浄機の機種によってはフィルターの交換年数が違い2、3年で交換するタイプもありますので、取扱説明を読んで確認してくださいね

その場合は、フィルターさえ交換すれば約10年使用できることもあります。

ピコ

加湿機能がついているとフィルターが空気清浄機だけのタイプより1つ多くなります。

加湿フィルターの寿命は使い方によって短くなってしまうので、よく確認が必要ですね。24時間使う場合は10年よりも早く交換時期になります。

私の家庭では、冬場以外は加湿機能をOFFにして使うようにしています。

メーカー別のフィルター寿命

フィルターにもそれぞれ寿命がありますが、メーカーによってその長さが異なります。

大体が同じような年数ですが、国内製と外国製でも年数が違うのでフィルター別にご紹介していきますね。

集塵フィルターの寿命
・パナソニック・・・10年

・シャープ・・・10年

・ダイキン・・・10年

・ダイソン・・・1年(1日12時間使用)

・ブルーエア・・・6ヶ月(1日24時間使用)

脱臭フィルターの寿命
・パナソニック・・・10年

・シャープ・・・10年

・ダイキン・・・交換なし

・ダイソン・・・なし

・ブルーエア・・・6ヶ月(1日24時間使用)

加湿フィルターの寿命
・パナソニック ・・・10年(1日8時間使用)

・シャープ・・・10年(1日8時間使用)

・ダイキン・・・10年(1日8時間または年6ヶ月使用)

・ダイソン・・・なし

・ブルーエア・・・なし

空気清浄機本体の値段や機能によってフィルターの寿命は変わります。

もしこれから買われたり買い替えを検討している方は、値段だけでなくフィルターの交換時期を確認してからどれを買うかを決めるほうがいいですね。

もし本体の値段が安くてもフィルターの交換が2〜3年で買い換えないといけない場合は、どちらがお得かわからなくなってしまいます。

フィルターの値段も集塵フィルターで約2,500〜3,300円、脱臭フィルターも約2,000〜3,500円なので2〜3年で買い換えていたら大変ですよね。

海外製のものはフィルターが使い捨ての感覚で使用する傾向にあるみたいなのですが、ダイソンは交換フィルターが6,500円ほどかかるので、1年のサイクルでフィルターを交換すると考えると少し悩みますね。

集塵や脱臭フィルターに比べると、加湿フィルターの方が使用時間が短いので、使い方によっては寿命が短くなりやすいです。

もし加湿機能が必要ない方は、加湿機能が無いものの方がお手入れや寿命も長いかもしれません。

先ほども言いましたが、加湿機能もON、OFFの切り替えもできますので、使わないときはOFFにすると交換時期を延ばすことができます。

故障かも?こんな症状が出ていませんか?

寿命症状の目安として次の症状が出てきていたら、買い替えの時期に近づいてきているかもしれません。

  • 空気中のニオイやホコリが取れていない
  • 空気清浄機から異臭がする
  • 空気清浄機から異音がする
  • 電源が入らない

空気中のニオイやホコリが取れていない

空気中のニオイやホコリが取れていない場合は、フィルターの汚れや詰まりが原因になっていることがあります。

それ以外にもファンが故障している時も吸い込みが悪くなりニオイやホコリが取れないです。

空気清浄機を長時間使用しているとフィルターが早く汚れていきますし、タバコを頻繁に吸っていたりホコリがたくさんある環境の中で使用していると、通常よりも早くフィルターが詰まってしまいます。

各メーカーのホームページにもフィルターの寿命を決めるものは、一日の空気の汚れを基準に決めているそうです。

「1日の空気の汚れ」とは、どんなものかというと”タバコ5本相当に値する粉塵や臭気“だそうです。

単純に考えても一日にタバコを5本以上吸うと寿命は早まってしまいますよね。

フィルターを掃除してみても変わらない場合は、フィルターの寿命がきている可能性がありますので、フィルターの交換をしてみましょう。

もしフィルターの掃除や交換をしてもまだ空気の吸いが悪いようなら、ファンが故障している可能性があります。

ファンが故障していて購入してから寿命年数が経っている時は、空気清浄機の買い替えも検討してみてもいいかもしれません。

空気洗浄機から異臭がする

空気清浄機から臭いがする場合は脱臭フィルターの詰まりが原因で臭いがする時と加湿フィルターとトレーに雑菌が発生している時があります。

特に加湿機能を使用していない時にトレーの水をそのままにしておくと、雑菌が増殖していき臭いを発生させます。

長期間使用しない場合は、トレーの水は捨ててフィルターと一緒に乾かしておくといいですよ。

脱臭フィルターや加湿フィルターの掃除をしたり、交換しても臭いの症状が改善されない時は寿命の可能性が高いので買い替えを検討してみましょう。

空気洗浄機から異音がする

加湿機能を使用している時に「カタカタ」「カラカラ」「ゴトゴト」などの音がする場合は、加湿フィルターがうまく取り付けれていない、または加湿フィルターがホコリなどの汚れで詰まっている時に異音がすることがあります。

加湿フィルターを付け直したり、掃除したりしても異音が直らない、加湿機能を使用していない場合の異音は、故障している可能性が高いのでメーカーなどに問い合わせてみてください。

修理ができない場合は買い替えも視野に入れましょう。

電源が入らない

電源を入れたのに運転しない場合は寿命である可能性が極めて高いですが、次のことも確認してみてください。

  • コンセントが抜けていないか
  • チャイルドロックがかかっていないか
  • プレフィルターが外れていないか
  • ブレイカーが落ちていないか

特に掃除した後は、フィルターが外れていたり上手くハマっていなかったりします。

きちんと収まっていないときは作動しないので、しっかり確認してくださいね。

全て確かめても電源が入らない場合は、メーカーや購入した家電量販店に問い合わせしてみてください。

空気清浄機を長持ちさせる方法

空気清浄機を長持ちさせる方法はフィルターや本体を日頃からお手入れすることです。

  • フィルターの交換・掃除をする
  • 本体の掃除をする
  • 部屋の掃除をする

などをしていくといいでしょう。

フィルターの交換・掃除

加湿空気清浄機のフィルターはそれぞれに寿命があります。

集塵フィルター・脱臭フィルターは約10年、加湿フィルターは1日8時間使用で10年です。

この年数を超えての使用は空気もキレイになりませんし、長持ちさせるには交換時期になったフィルターを交換することは重要です。

またタバコを1日5本以上吸うご家庭は、この期間より早めにフィルターの寿命を迎えますのでフィルターの交換をこまめにすることをお勧めします。

空気清浄機のフィルターは水洗いできないものが多いので、基本的には掃除機で吸い取って掃除していきます。

フィルターの掃除をこまめにしておかないと、10年間の寿命まで持たずにフィルターの寿命になってしまうこともあるので、部屋の掃除機をかけるついでにフィルターにも掃除機をかけるようにするといいかもしれませんね。

フィルターはとても壊れやすいので取扱には十分気をつけてくださいね。

フィルターによっては掃除機もかけない方が良いものもありますので、取扱説明書で確認してください。

加湿フィルターは水洗いができるので、専用の洗剤でつけおき洗いをするかワイドハイターの酵素タイプやクエン酸でも掃除できる場合があります。

メーカーによっては使える洗剤が異なっていたり、使用禁止の洗剤もありますのでよく確認してから掃除してくださいね。

本体の掃除をする

空気清浄機の本体は空気を吸い込むので、ホコリがつきやすい状態です。

本体裏側にあるパネルやホコリセンサーは特に汚れやすいです。

大抵、ホコリセンサーは上の方についていますが、ホコリは下の方に溜まりやすいのでホコリセンサーが反応する前に掃除する方がいいです。

常に運転している場合は、毎週ごとにパネルの掃除をすると長持ちします。

パネルは掃除機で吸ったり、ホコリキャッチャーでホコリを取り除いてください。

ホコリセンサーは傷つきやすいので、柔らかい布やホコリキャッチャー、または綿棒などで掃除しましょう。

本体の外側も同じくホコリキャッチャーや柔らかい布などで拭いていきましょう。

部屋の掃除をする

空気清浄機は汚れを吸い込むので、ホコリや汚れが多ければ多いほどフィルターの寿命は早くなります。

なので、空気の悪い環境での使用は、寿命が短くなってしまいます。

もしタバコを吸われている家庭なら、こまめに換気することで寿命を延ばすことが出来るかもしれません。

また忙しくて掃除がなかなかできずホコリがいつも部屋の隅に溜まっているようなら、寿命は早く来てしまう可能性が高いです。

部屋を適度に掃除してホコリが少ない状態にすることで空気清浄機の寿命は長くなりますので、お部屋の掃除をこまめに行うようにしてくださいね。

まとめ

・加湿空気清浄機の寿命は約10年間です。

・加湿機能は使用条件によってフィルターの寿命は変わります。

・国税庁の定めた法定耐久年数は6年間

・フィルターの寿命は約10年ほど、加湿フィルターは1日8時間使用で10年間

・空気中のニオイやホコリの吸いが悪くなったり、異臭・異音、電源が入らないなどの症状が出た場合は、掃除や交換をしてみましょう。

それで改善しない時は故障や寿命の可能性が高いです。

買い替えやメーカーに問い合わせて修理依頼をしてくださいね。

・空気清浄機を長持ちさせるためにはフィルターの交換や掃除、本体の掃除が大切です。

加湿空気清浄機は花粉症やインフルエンザが流行るときなどには欠かせないものです。

特に小さいお子さんがいる家庭には必須と考える方も多いのではないでしょうか。

空気清浄機の寿命やフィルターの交換時期の目安がわかれば、買い替えの時期もわかりますし、買い換える時にも選ぶ基準にもなりますよね。

 

それでは、また!