家事サポライフのサイトマップ

窓ガラスやコップなどが割れた時の掃除の仕方!小さな破片は新聞紙で吸着!

こんにちは、ピコです。

 

窓ガラスが落ちて割れたり何かがぶつかって割れる事って普段はあまりないと思いますが、もしかしたら地震などで割れてしまうこともあるかもしれません。

それに生活しているとコップが割れたりすることもありますよね。

そんな時にガラスの掃除の仕方を間違えてしまうと、小さな破片が残ってしまったり足に刺さって怪我をしてしまうかも!

掃除したつもりなのに何故か残ってるんです。

小さなお子さんがいる家庭なら尚のこと心配ですよね。

 

今回はガラスの掃除の仕方をお伝えしていこうと思います。

窓ガラスが割れた時の掃除の仕方

窓ガラスはガラスも分厚く大きいので割れてしまった場合は掃除がとても大変です。

手順を追ってお伝えしていきますね。

用意するもの

・厚手の手袋、軍手

・ほうき

・ちりとり

・掃除機

・新聞紙

・ダンボール(無い場合はビニール袋)

・ストッキング(輪ゴム)

・コロコロ

・雑巾

・スリッパ

掃除する前に
ガラスは遠くまで飛んでいる可能性があります。

必ずスリッパを履いて厚手の手袋をつけて片付けをしてくださいね。

ピコ

ゴム手袋はガラスが刺さる恐れもあるので、出来れば作業用の厚手の手袋軍手を用意してください。

私はコンビニに売っている作業用の手袋が使いやすかったです。

軍手も二重にするとより安心出来ます。

どうしても無い場合はミトンで代用ができますよ。

やり方

  • 手順1
    大きなガラスを取る
    大まかに大きいガラスの破片を手で取っていきます。取ったガラスは新聞紙に包んでダンボールかゴミ袋の中に入れていって下さい。
  • 手順2
    細かいガラスを取る
    細かいガラスはできればちりとりで取ってもらう方がいいです。

    掃除機だとホースの中にガラスが刺さって穴を開けたり、スイッチを切ったらヘッドからガラスが落ちてくる心配があるためです

    どうしても掃除機しかない場合は掃除機のヘッドを外してホースの先にストッキングをかぶせます。そうすることでホースの中にもガラスが入る心配がないです。その状態で使って見て下さい。

  • 手順3
    コロコロをかける
    ある程度の細かいガラスは取れていますが、溝などに破片が入り込んでいる可能性が高いので、コロコロをかけてください。ない場合はこの手順を飛ばして下さいね。  
  • 手順4
    新聞紙で取る・雑巾で拭く
    新聞紙がある場合は、濡らした新聞紙を千切ってばら撒きます。乾いたら新聞紙にガラスが吸着してるので集めて捨てます。

    新聞紙がない場合は雑巾で水拭きしていきます。

  • ピコ

    掃除機の先にストッキングをつけるのは手間ですが、最近の掃除機はサイクロン式のものが多いのでどこにガラスが詰まるか分かりません。どうしてもストッキングがない場合は台所用の水切りネットを代用するのもオススメです。

    ガラスは自分で思っているより、かなり遠くまで飛んでいることがあります。半径2mの範囲は掃除した方がいいと思います。

    新聞紙を濡らしてガラスを吸着する方法はかなり役立ちます。私はせっかちなので新聞紙で水拭きのようにしました。これでも新聞紙にガラスがついてきますし、そのまま捨てれるので便利です。

     

    ストッキングはこちらの掃除でも活躍します。 冷蔵庫の掃除はどんなタイミングでするべき?!?重曹で汚れもニオイもスッキリ!

    ガラスの捨て方

    ガラスは新聞紙に包んで、ガムテープでその周りを巻いて下さい。

    窓ガラスのような大きな破片はさらにダンボールか、ない場合はゴミ袋に入れましょう。

    ダンボールやゴミ袋の上に“ガラス””割れ物”などの注意書きをするとゴミ収集者の作業員の人にも分かりやすくて親切です。

    ガラスが燃えないゴミなのか危険物なのかは自治体によって異なります。

    必ず確認してから分別のルールを守って捨てるようにして下さいね。

    わからない場合は市役所や自治体に連絡してみるといいですよ。

    ピコ

    窓ガラスなどの大きいものは重さもあるので一纏めにすると重くて運べないこともあります。何個かに分けてもいいですね。ダンボールに入れた方が運ぶときにも危なくないので、できればダンボールに入れることがオススメです。スーパーなどで貰えると思うので、用意してみてくださいね。

    まとめ

    ガラスは割れたときに思いもよらない範囲まで飛んでいることがあります。

    大きい破片は目で確認できますが、細かい破片は木目などに紛れてなかなか発見しずらいです。

    半径2メートルの範囲ぐらいは掃除するようにしてください。

    ・窓ガラスやコップが割れた場合はすぐにスリッパを履くようにしましょう。

     

    ・子供さんがいる場合は安全な場所に避難させて、スリッパか靴を履かせてあげてください。

     

    ・掃除する前に厚手の作業用の手袋軍手をはめて片付けをしてください。

    • 大まかなガラスは手袋をはめた手で取っていきます。
    • 細かいガラスはできれば箒とちりとりではいて取ってください。ない時は掃除機のヘッドを外してホースの先にストッキングを被せてから吸ってください。
    • それでも取れないような細かい破片は濡らした新聞紙を千切ってばら撒いて乾いたら集めて捨てます。その後に雑巾で水拭きしてください。

     

    ガラスの捨て方はガラスを新聞紙に包んでガムテープでその周りを巻きます。

    さらにダンボールに入れると安全です、スーパーなどで貰えるので用意することをオススメします。

    ない場合はゴミ袋に入れましょう。

    ダンボールやゴミ袋には”割れ物””ガラス”などの注意書きをしておいてくださいね。

    ガラスの捨て方は自治体によって違うので、よく確認してから分別のルールを守って捨ててください。

    ガラスが足に刺さるとかなり痛いので、刺さらないように掃除していきましょうね。

    新聞紙でガラスを吸着させることは本当にオススメなので試してみてください。

     

    それでは、また!