家事サポライフのサイトマップ

生ゴミのイヤな臭いを取るオススメの方法!

こんにちは、ピコです。

 

ゴミ箱の中の臭いって夏場は特に臭くなりませんか?

外出先から帰ってきたら部屋の中がいや〜な臭いで充満していたり、、、

それだけで気分が悪くなりますよね。

夏場なら熱風でさらに臭いもきつくなります。

最近のアパートやマンションでは好きなときにゴミが捨てれる場合がありますが、大抵は週に2回ないし1回が燃えるゴミの回収日だと思います。

1日ですぐに臭くなってしまう生ゴミの臭いをゴミの回収日まで待っているのはきついですよね。

 

今回は臭い生ゴミ臭を効果的に取る方法をご紹介していきます。

生ゴミの臭いを取るオススメの方法

生ゴミを三角コーナーに入れていてクサイ臭いが発生する場合と、生ゴミをそのままゴミ箱に入れてしまってゴミ箱(袋)の中が臭くなる場合があると思います。

私の家は三角コーナーを置いていないので、生ゴミを直接入れてゴミ袋からかなりの悪臭がすることが多かったです。

袋の口を縛っても臭いが漏れ出てしまうこともしばしば。

三角コーナーは無くても排水口のゴミ受けからも臭いがすることもありました。

まずは三角コーナーに置いている生ゴミの臭いを抑える方法をご紹介していきますね。

三角コーナーの生ゴミの臭いを抑える対処法

  • 水分をよくきる
  • 冷蔵庫または冷凍庫に入れる
  • 新聞紙に包む
  • コーヒーやお茶の出がらしを入れる
  • 重曹を使う
  • クエン酸を使う
  • 牛乳パックを使う
  • ハイアルコールスプレーをスプレーする
  • ミョウバンスプレーを使う
  • ごぼう消臭スプレーを使う
  • 逆性石鹸スプレーを使う
  • 生ゴミの臭いをカットするゴミ袋を使う
  • 生ゴミ処理機を使う

水分をよく切る

臭いの原因になる雑菌やカビは水分と酸素、温度によって繁殖していきます。三角コーナは常に水がかかってしまい菌の繁殖には好条件になってしまいます

捨てる際はしっかり水気を切ってくださいね。

野菜の皮などは乾燥させてから捨てると臭いが抑えられます。

できれば三角コーナーは使わず、残飯や野菜の皮などはこまめにゴミ箱に捨てるようにしましょう。ビニール袋などでしっかり密閉してから捨てるようにしてくださいね。

冷蔵庫・冷凍庫に入れる

生ゴミは温度が高いと菌やカビが増殖していってしまうので、生ゴミをビニール袋やジップ式のバックなどに入れて冷凍したり冷蔵庫で温度が上がらないようにしましょう。

生ゴミを冷蔵庫に入れるのに抵抗がある場合は、違う方法で臭いを抑えるようにしてください。

注意
ビニール袋が破れたり、完全に密閉できなかった時に冷蔵庫の中が汚れてしまうリスクもあります。

新聞紙に包む

新聞紙はとても吸収性が高く新聞のインクには消臭力もあるので、生ゴミを新聞紙でくるんで捨てることは、水分もカットできて臭いも抑えることができます

新聞紙をゴミ袋の中に敷くだけで簡単なのもいいですよね。

新聞パックを作ってその中にゴミを入れていきそのまま捨てることも出来ます。私はズボラ過ぎてゴミ袋の中に新聞紙をひいています。

コーヒーやお茶の出がらしを使う

コーヒーをドリップしたりやお茶っぱでお茶を飲む方にオススメです。コーヒーやお茶の出がらしには消臭効果、特に緑茶には殺菌作用があります。

三角コーナーを使う場合は出がらしを振りかけたり、ゴミ袋の中に直接ふりかけてもいいです。もし今まで袋に入れて捨てていた方は振りかけてみてくださいね。

ピコ

水分がない方がいいので使う時はよく水気を切ってからにしてくださいね。

重曹を使う

お掃除でよく使う重曹は消臭効果もありますし、重曹は水気も吸ってくれるので菌の増殖も抑制してくれます。さらに生ゴミの臭い物質は酸性なので、重曹のアルカリ性が中和してくれる役割を持っています。

三角コーナーの中に重曹を粉のままふりかけたり、ゴミ袋に入れる時はひとつかみ入れると臭いを抑えることができます。

粉のまま使うのも効果的ですが、すぐに無くなってしまうので重曹スプレーを作って使用するのも効果があります。生ゴミを捨てるたびにかけたり、臭いが気になった時にスプレーしてください。

重曹スプレーの作り方
水またはぬるま湯200mlに重曹大さじ1を入れて溶けるまで撹拌させます。

ピコ

かけ過ぎると水分が溜まってしまうので、ゴミ箱にふりかける時は1〜2回ほどにしてくださいね。

重曹を使った冷蔵庫のお掃除方法はこちらでも紹介してます。

クエン酸を使う

三角コーナーで使う場合は底にクエン酸スプレーでキッチンペーパーを浸したものを置くことで臭いを抑える効果があります。しかしゴミ袋にクエン酸をスプレーすると水分が浸してしまうので、ゴミ袋には粉のままふりかけてくださいね。

クエン酸スプレーの作り方
水200mlにクエン酸小さじ2を入れてしっかり撹拌させて溶かします。

ピコ

三角コーナーに敷いたキッチンペーパーは大きいゴミ袋に移し替える前に抜いておかないと、吸収した水分にカビや雑菌が増殖してしまう恐れがあります。

クエン酸を使ったシンクの掃除方法はこちらの記事でご紹介しています。

牛乳パックに入れる

空になった牛乳パックに生ゴミを入れて口を折り曲げて捨てると、水漏れもせず臭いも防げるのでオススメです

シンクに置いておいで溜まったらすぐに捨てれるのでとても便利ですよ。

普段から牛乳パックを洗って乾かして置いておくといいですね。

ハイアルコールスプレーをかける

エタノールは除菌効果と消臭効果があります。三角コーナーやゴミ箱に直接スプレーすることで、雑菌やカビの繁殖を抑えて臭いの発生を抑えてくれます。生ゴミを捨てるたびにスプレーしてください。

掃除用のアルコールもありますが、消毒用に比べてエタノールの濃度が低くく気化しにくいため掃除用を使う際はしっかり水分を取り除いてくださいね

ピコ

ゴミ箱を掃除するのにもオススメなので、布やキッチンペーパーに吹きかけてゴミ箱を拭いてください。

みょうばんスプレーを使う

ミョウバンは殺菌力や消臭力に優れているので生ゴミの臭いとりにとても効果的です

スプレーを作って生ゴミに毎回かけて使用してください。こちらも水分が出るので、ゴミ箱には直接スプレーしないでくださいね。

ミョウバンはドラックストアやスーパーの漬物コーナーで購入できますよ。

ミョウバンスプレーの作り方

・水500mlに焼きミョウバン大さじ2を入れてよく撹拌してください。

・浮遊物や溶けが悪いと思いますが、そのまま冷蔵庫で2〜3日おきます。液体が透明になったら完成です。

ごぼうスプレーを使う

少し手間がかかりますが、ごぼうを使って料理する時に出るアク取りの汁を使います。

アク取りした後の水は脱臭効果がありますので、それをスプレーボトルに入れて使用します

料理の時に捨ててしまいやすいアクですが、こんな活用方法も料理好きな方にはオススメですね。

冷蔵庫で保管すると約1ヶ月はもちます。

生ゴミの臭いをカットするゴミ袋を使用する

BOS(ボス)というメーカーの出している“生ゴミが臭わない袋”がかなりの優れもので、これに入れると本当に臭いが外に漏れでません。

おむつを入れる袋もこのメーカーのものを使用していますが、本当に臭わないので個人的にはかなりオススメです。お値段は少しかかってしまいますが、夏場の嫌な臭いが苦手な方は重宝するかもしれません。

逆性石鹸スプレーを使う

逆性石鹸は普通の石鹸よりは洗浄力はよわいですが、殺菌力がとても強いです。

カビや雑菌の繁殖を抑えてくれるので、三角コーナーに毎回ふりかけると効果があります。

逆性石鹸スプレーの作り方
水200mlに逆性石鹸の原液2mlを入れてよく振り混ぜる。(今回は100倍希釈の作り方ですが、お好みで100〜200倍に薄めて使ってください。)

生ゴミ処理機を使う

値段はかかってしまいますが、生ゴミの臭いを根本的にとってしまいたい方は生ゴミ処理機を使うのもいいかもしれません。

生ゴミ処理機は生ゴミの水分を乾燥することで悪臭や腐敗を抑えることができます。

ゴミも5分の1まで減らすことが出来ますし、有機肥料にすることも出来るので環境にもいいですよ。

お値段も安いものは2万円ほどで購入できます。

こちらのタイプは卓上で使えるので嵩張らずコンパクトでアパートなどの狭いスペースでも使えることができるので便利ですよね。

ピコ

三角コーナーは水分がかかりやすく雑菌が増殖しやすいため、できれば使用しないことが理想ですが使いたい場合は水切りがいいものを選ぶといいですね。

生ゴミを捨てたゴミ箱(袋)から臭いがする時の対処法

  • 重曹を使う
  • 消臭シートを使う
  • コーヒーやお茶の出がらしを使う
  • クエン酸を使う

重曹を使う

重曹はゴミ袋からの悪臭の消臭にかなり効果があります。臭いの原因菌は主に酸性のものが多いので、アルカリ性である重曹は臭いを中和して抑えてくれるのです。

粉のままゴミ袋の中に入れて満遍なく粉が行き渡るようにしてください。

消臭シートを使う

KUREHAの出している“ダストマン生ゴミ用消臭シート”はゴミ箱の蓋の内側に貼るだけで生ゴミの臭いを消してくれる効果があります炭の力で脱臭してくれるので、ゴミ箱に蓋があるタイプを使われている方は貼るだけで臭いを抑えてくれるのでいいかもしれません。

効果は2ヶ月なので、こまめに貼り替える必要がないので便利ですね。

コーヒーやお茶の出がらしを使う

ドリップしたコーヒーやお茶っぱで入れた際に出る出がらしは消臭効果があります。重曹ほどは臭いが抑えれないかもしれませんが、お茶やコーヒーを頻繁に飲まれる方はゴミ袋に直接ふりかけて使えるのでオススメです。

ピコ

雑菌の繁殖を抑えるため、水気は必ずとってから使用してください。

クエン酸を使う

クエン酸は酸性の性質を持ったものですが、消臭効果には優れているので粉のままゴミ箱に入れると臭いを抑えてくれます。

重曹と同じく振りかけたらゴミ袋全体に行き渡るようにしてくださいね。

クエン酸でシャワーヘッドもキレイになりますよ。こちらの記事でやり方をご紹介しています。

ゴミ箱から臭いが発生した場合は、臭いを抑えてくれるものは限られてきます。

水分があると臭いの原因となる雑菌やカビが増殖してしまうため、先ほど紹介した三角コーナーに直接かけるスプレータイプのものは効果が一時的になってしまいます。

水分を抑えるものを使うようにしてくださいね。

まとめ

生ゴミの臭いである雑菌やカビ水分があって栄養分もあるところでは繁殖していき悪臭を放ちます。

こまめに水分を切って捨てるようにしたり、消臭力や殺菌力のあるものを生ゴミが出るたびにスプレーしていったり、振りかけていくことで臭いを抑えることができます。

三角コーナーは水が常にかかってしまうので、できれば使わず小分けにして捨てるといいです。消臭力のある袋に入れて捨てると臭わなくてオススメです

 

ゴミ箱から悪臭が発生してしまったらスプレータイプの消臭剤は使わず重曹やクエン酸などの粉をふりかけたり消臭シートを蓋の裏に貼って臭いを抑えてください。

お家にあるものや少しの工夫で生ゴミの臭いは抑えることができますので、悪臭が発生する前に対策をすることをオススメします。

気になった対策があったらやってみて下さいね。

衣類の生乾きの臭いは気になりませんか?こちらの記事でご紹介しています。

それでは、また!