家事サポライフのサイトマップ

石油ファンヒーターの寿命はあるの?掃除方法や長持ちさせるコツ!処分方法まで

こんにちは。ピコです。

 

冬場には欠かせない石油ファンヒーターですが、寿命がどのぐらいなのか知っていますか?

うちのファンヒーターも年数がそんなに経っていないのに突然壊れてしまって焦ってしまいました。

寒い時期に突然壊れてしまうと困りますよね。

 

今回は石油ファンヒーターの寿命や普段の掃除方法、長持ちさせるコツから処分方法までお伝えしていこうと思います。

石油ファンヒーターの寿命はあるの?

結論から言いますと、石油ファンヒーターの寿命はあります

石油ファンヒーターは掃除の頻度や使い方によって早く壊れたり10年以上もったりします。

寿命の1つの目安として補修用性能部品の最低保有期間というものがあるのですが、それは国が定めたもので、製造が終了してからも部品を、ある一定期間保管するというものになります。

石油ファンヒーターの場合は6年間が保有期間になるので、寿命の目安も6年をみておくのがいいでしょう。

ただこの保有期間はメーカーによって異なります。

補修用性能部品の最低保有期間
・コロナ・・・6年

・ダイニチ・・・9年

・トヨトミ・・・6年

ダイニチは9年間部品を保有してくれるので、6年を過ぎても修理できる可能性があります。

ピコ

ウチの石油ファンヒーターが壊れてしまったのは約3年だったので部品の保有期間よりもだいぶ短く壊れてしまってます。間違った使い方をしなければ、もっと長持ちしたと思うので、使い方を気をつけることは大事なんだと思いますね。

石油ファンヒーターの故障の原因

石油ファンヒーターが寿命になるのには、間違った使い方をしてしまったり、以下のことが原因で故障してしまうことがあげられます。

  • 劣化した灯油を使用
  • フィルターの詰まり
  • シリコン剤の付着

劣化した灯油を使用する

灯油を長期間ポリタンクの中に入れていると、紫外線や熱の影響で劣化したり、変質したりします。

更にポリタンクの成分が溶け出したり、ホコリが混ざって純度の低い灯油になってしまうのです。

劣化した灯油使ってしまうと、不完全燃焼してしまい故障の原因になってしまいます。

灯油の劣化の確認方法
プラスチックの透明なコップなどに入れて、白い紙を後ろに当てて色を確認します。

色が透明で、沈殿物や浮遊物がなければ問題ありませんが、色が薄い黄色になったりゴミが沈殿したり浮いたりしている場合は、劣化しています。

透明な灯油でも去年のものは使用しないようにしましょう

ピコ

ウチの石油ファンヒーターが壊れたのも、壊れる前の年の灯油を1回使用したからです。

その時は問題なく使えたのですが、何日かたった後に突然電源が点かなくなり壊れてしまいました。

大丈夫と思っても劣化した灯油は故障の原因になるので、灯油は1年で使い切るようにしましょう。

余った灯油は販売店に持っていくと処分してくれますよ。

フィルターの詰まり

石油ファンヒーターは周りの空気を取り入れて燃焼に使っているので、周りのホコリを吸い込みやすくなっています。

そうすると本体の背面にあるフィルターにホコリが詰まり、エラーが起こすことがあります。

石油ファンヒーターの置いてある所で洗濯物を干していたりするとそうなることが多いようです。

フィルターが詰まってエラーが頻繁に起こると寿命を早める原因になってしまいます。

シリコン剤の付着

シリコン剤はヘアスプレーや家具の艶出し剤、防水スプレーなどに含まれています。

それを石油ファンヒーターの近くで使用したりすると、燃焼部や温風の吹き出し口に付着してしまい、石油ファンヒーターの寿命が早まってしまう原因になります。

シリコン配合のもの

・ヘアケア製品

・保湿用の化粧品

・衣類などの撥水剤

・柔軟剤

・家具の艶出し剤

・家具の保護剤

*すべてのメーカーの製品に含まれているとは限りません。

ピコ

上記の使い方をした場合はメーカーの保証内でも修理をしてもらうことは出来ないので気をつけましょう。

石油ファンヒーターから臭いがする時

石油ファンヒーターを消したりすると臭いがすると思いますが、運転中に臭いがする場合は注意が必要です。

運転中に臭いがする時は、灯油の劣化で不完全燃焼をおこしているか、燃料漏れの可能性があります。

燃料漏れもタンクから漏れている訳ではなく、不純物が膜を作ってしまいヒーターがうまく燃えなくなって、気化した灯油が空気中に漏れてきて臭いがしてしまうのです。

これは経年劣化や掃除不足で起こる場合があるので、こまめに掃除しているにも関わらず運転中に臭いがする場合は、買い替えや修理に出すことを検討する必要があります。

石油ファンヒーターの掃除方法

石油ファンヒーターの掃除は寿命にも大きく関係してきますので、こまめにする必要があります。

どこの掃除をするのかを、それぞれ紹介していきますね。

本体の掃除

本体のホコリや汚れを拭き掃除していきます。

柔らかい布で乾拭きをしたり、汚れが付着している時は、中性洗剤を水で薄めて布に染み込ませ拭いていきます。

注意
ベンジンやシンナーなどは使わないようにしてください。

背面フィルターの掃除

平面にある燃焼・温風空気取り込み口のホコリを掃除機などで吸い取ります。

週に1度はフィルターの掃除をしたほうがいいので、普段の掃除のついでに掃除機をかけるのがオススメです。

油フィルターの掃除

油受け皿にある油フィルターを外して、詰まりがないか確認します

確認方法は、油フィルターに灯油を入れて連続的に灯油が落ちたら正常です。しかし灯油の落ちが悪く、フィルターに多く残っていたり全く灯油が落ちない場合は、フィルターが詰まっていますので掃除しましょう。

油フィルターの掃除は、綺麗な灯油でフィルターをすすぎ洗いしてゴミを取り除き、布などで灯油を拭き取った後に日陰に干して乾燥させます。

注意
洗浄に使用した灯油を使用してしまうと故障の原因になるので、使わず灯油販売店に持って行って処分してもらいましょう。

灯油は手につくと臭いがなかなか取れないので、プラスチック手袋などをつけて掃除するようにして下さいね。

石油ファンフィーターを長持ちさせる方法

石油ファンヒーターを長持ちさせるには、こまめな掃除劣化した灯油を使用しないことで長持ちします。

油受け皿の掃除を石油ファンヒーターを使い始める前や、シーズンが終わって片付ける前にしておくと掃除忘れがなくてオススメです。

片付ける前はタンクの中を空にするために空焚きして、油受け皿の中に灯油が残っている時は、スポイドなどで吸って空にしておきましょう。

ピコ

ウチはスポイドが無かったので、灯油を入れるポンプで吸い出していました。

シーズンが終わりそうな時は灯油の購入の量に気をつけて、余らないように気をつけるといいかもしれません。もし余った場合でも、ガソリンスタンドや灯油販売店に持っていくと回収してくれます。

石油ファンヒーターの処分方法

石油ファンヒーターは自治体によって処分方法が違います。

大抵の暖房機器は粗大ゴミですが、粗大ゴミか不燃ゴミなのかをよく確認して処分するようにしましょう。

粗大ゴミとして出す場合は、事前に処理券などを購入して回収を申し込む必要があります。

申し込んでから1週間〜10日ほどで回収にきてくれる場合が多いと思いますが、それまでにタンクの灯油を処分しておきましょう。

 

または不用品回収業者に依頼する方法もあります。

その場合は事前にホームページなどで、料金や連絡先を明記していることを確認してからにしましょう。

まだ使える石油ファンヒーターはリサイクルショップで買い取ってもらえることもあるので、運転できる場合は持ち込んでみてもいいかもしれません。

注意
町内を巡回している回収業者には注意して下さい。

「不要になったストーブやファンヒーターを無料で回収します。」とうたっていますが、実際は高額な処分費用や運搬費を請求されることがあります。

かなり多くのトラブルが報告されているそうなので注意しましょう

まとめ

・石油ファンヒーターの寿命の目安は約6年です。

ですが間違った使い方をすると6年より早く寿命がくる場合もあります。

劣化した灯油を使ったり、フィルターの詰まりをそのままにしたり、シリコン剤が付着したりすると故障する原因になります。

これで故障した場合は、メーカーの修理保証外になってしまうので注意しましょう。

運転中に臭いがする時は劣化した灯油によって不完全燃焼を起こしているか、燃料漏れの可能性があります。

 

・背面のフィルターの掃除は週に1度して下さい。

・油のフィルターはシーズン前とシーズン後の収納するときにするのがオススメです。

石油ファンヒーターを長持ちさせるには、こまめな掃除と劣化した灯油を使用しないことが大切です。

石油ファンヒーターの処分方法は自治体によって異なりますが、大抵の場合は粗大ゴミです。

まだ動く場合はリサイクルショップに持っていくのもいいと思います。

町内を回っている無料回収業者には注意が必要です。

無料と言いながら高額な処理料金や運搬費を取られるトラブルが多発しています。

 

石油ファンヒーターはメンテナンスをしっかりすれば長持ちしますので、正しい使い方で快適に暖かい時間を過ごして下さいね。

暖房器具の電気代って気になりませんか?こちらの記事で比較をご紹介していますよ。

それでは、また!